Topics

【11月8日(日)山陽新聞朝刊掲載】「岡山市主催 女性活躍シンポジウム」弊社代表竹本が登壇した内容の掲載です

2020.11.09

メディア掲載

岡山市主催「選ばれる企業の共通点~女性活躍で“人財”も売上も~」シンポジウム の内容が記事として紹介されました

 

本シンポジウムは、岡山市が主催し、10月13日岡山市北区柳町のさん太ホールで開催されました。中央大学大学院の佐藤博樹教授をコーディネーターに、女性が活躍するために、会社としての支援にあり方などについて企業経営者3名が意見を交わしました。

 

(コーディネーター)

●佐藤 博樹(さとう ひろき) 中央大学 大学院 戦略経営研究科(ビジネススクール)教授

⇢1981年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。1981年雇用職業総合研究所(現労働政策研究・研修機構)研究員。1983年法政大学大原社会問題研究所助教授。1991年法政大学社会科学研究所教授。1996年より現職。専門は人事管理論。

 

(パネリスト)

●白坂 亜紀(しらさか あき) 銀座クラブ「稲葉」ママ

⇢大分県竹田市の滝廉太郎の旧宅に生まれ育ち、封建的な風土で育つが、親族を説得して東京の早稲田大学に進学する。女性でも男性同様に活躍できる仕事を求め、知人の紹介で勤めた日本橋の老舗クラブで、その世界を見つける。女子大生ながらも本格的にクラブで勤め、頭角を現してママを任されるようになる。卒業後クラブに就職して、銀座に進出。そこでもトップのホステスになり29歳で2店舗のオーナーママとなる。バブル崩壊、金融バブル、リーマンショック、大震災などの荒波を乗り越え4店舗の経営者に

 

●中村 朱美(なかむら あけみ)㈱minitts 代表取締役

⇢専門学校の職員として勤務後、2012年9月に飲食事業や不動産事業を行う「株式会社minitts」を設立。1日100食限定をコンセプトに、 美味しいものを手軽な値段で食べれるお店「佰食屋」を開業。2015年3月に 「佰食屋すき焼き専科」、2017年3月に「佰食屋肉寿司専科」を開業し、現在3店舗を運営。テレビや雑誌などのメディアで多数紹介される。ランチ営業のみ、完売次第営業終了という、飲食店の常識を覆すビジネスモデルを構築し、飲食店におけるワークライフバランス(18時完全退勤・残業ゼロ)を実現。働きやすい環境を整えることで、現在シングルマザー・障害者・介護中の方・高齢者(68歳以上3名)も活躍中。

 

●竹本 幸史(たけもと ゆきふみ)㈱SWITCH WORKS 代表取締役

⇢株式会社リクルートにて、営業、組織マネジャー、岡山支社長を経験。営業MVP、マネジャーMVP多数受賞。 新規事業の立ち上げ、事業立て直しを全国各地で実施。 その後、岡山の地にて、組織・人材開発専門会社 株式会社SWITCH WORKSを立ち上げる。 自身は組織マネジメント、リーダー開発を専門としたトレーナー。 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan キャリアカウンセラーでもある。

 

弊社代表取締役の竹本はパネリストとして登壇させていただきましたが、記事ではその様子が一部掲載されています。市民らが約100名が参加されました。

201108山陽新聞女性活躍シンポジウム①.png
201108山陽新聞女性活躍シンポジウム②.png
201108山陽新聞女性活躍シンポジウム①.png

201108山陽新聞女性活躍シンポジウム②.png