Topics

 2018.10.25(木)
 リーダーシップ開発プログラム “LDP研修×地域課題解決”     
    第1クール 第2回レポート(抜粋)  

(トレーナー)

①株式会社えんのした/代表取締役 川路 隆志

②特定非営利活動法人岡山NPOセンター/代表理事 石原 達也

E_SDG goals_icons-individual-cmyk-03.jpg

<第1クールNPO法人について>
【テーマ】
病気を理由に入院もしくは自宅で療養中の病弱児を支援しています。これらの子供たちは、入院のために学習や体験の機会を奪われ、「勉強や、様々な体験をしたい」「学習や体験の空白を埋めたい」と願っているにもかかわらず、支援の体制が追い付いていないのが現状です。

【支援団体】      認定特定非営利活動法人 ポケットサポート

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【1クール2回目】リーダー育成プログラム「LDP×地域課題解決」

・ NPO石原さんより桃太郎未来塾、ソサエティ5.0、行政の取り組みなどを説明

ウオーミングアップとしてタワーゲームを実施。

チームでリーダーと役割分担を決め、時間内に一番高く積みあげれば優勝。

「チーム81」圧勝!

チーム81.JPG

・前回の宿題の共有について自分の集めた情報をチーム内で共有。

「行政・民間企業(マクドナルド 病気の子供たちのために家を作っている/アフラック/ベネッセ/日本財団/認定NPOラファミリエ/チャイルド・ケモ・ハウス)NPOが取り組んでいることを探し、具体的にどのような取り組み内容をしているのかを知る」について

①家族・親族 互助で行われる解決方法                                                        

②その他民間組織(NPO・社団・社福等)が取り組んでいる解決方法

③行政(県や市の事業・サービスによる解決方法)

④企業による解決方法 企業名(どんな事業・サービス)

・非営利組織のマーケティングに重要な点の振り返りと説明。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ISIHARA .JPG

・「問題」「原因」「解決」について、チームでディスカッションをして書いてもらう。

「長期の入院や療養によって、学習や体験の機会を失ってしまう子どもたちがいます。

そのような子供たちの学習や復学支援をどのように行っていくか」について

 

この理想でないのは、原因や何か問題が発生しているから。何があって、どう解決したら理想になるのかを考えてみる。

 

チームTOMMY

・補助金に関して話し合いを進めた

問題:需給が遅く、指定認定も遅い。

原因:指定されないと補助が出ない。

解決策:未

理想:家族が行政の補助金を受けやすい環境

チーム81

問題:相談できるところがない
           院内学級は大きな所にしかない。地方や小さなところにはない。転校も難しい。


原因:院内学級、教育人材不足になっている。

解決策:院内学級が無理なら在宅で通信教育など検討。

              そもそも院内学級を増やせれた方がいいのか、通信教育にしたとしても、 どこまで必要か定まっていないので検討必要。 

理想:子どもが必要とする教育を受けられる状態。

           それがどこまでか、様々だと思うので検討必要。

Team BLUE

問題:医療機関子どもだけでなく、その家族への体制がない。
原因:未

解決法:病院内に専用窓口設置。

理想:医療機関に家族と繋げる窓口を設置する。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

後半は川路先生によるリーダーシップに関するセッションへ

・リーダーとして色んな人を巻き込んでいく必要があるが難しい。

自分自身の弱み(リーダーとして課題解決していけない弱み)を自分なりの課題として見つけ、それを踏まえて日常の中でどう鍛えるのかを知る。

川路先生.JPG

・次世代リーダーに必要な力とは何か

○○力、○○力

チームにて話し合いの場がもたれるが、なかなか話が進まない様子。その後意見の共有をする。

「心」「技」「体」について。*鍛えどころの優先順位➡「心」「体」「技」の順。

写真1.JPG

研修は「技」が多い。

このLDP研修は真ん中(「心」「技」「体」の3つの円の重なるところ)を狙っていく。

「心」:自覚。脱受身。自分事として意志の力を持ってする

 

①経営力とは何か?

②自分はどのくらいの力があるのか?「鍛えどころ」

③日常でどう鍛えるか?を考える

写真2.JPG

「技」:人をどう使っていくか、プレゼンをしてどう伝えていくか

「体」:コンピテンシー

 

・コンピテンシーの全体像について

 

事例を提供され、その問題を解決するプロセスの中で問題になるコンピテンシーを見つける。

 

①思考的側面(頭で考える側面)

②対人的側面(人に対する側面)

③総合(自分をコントロールする側面

 

最後は自分自身のコンピテンシー分析WORKをし、クールの最後まで追いかけ続ける。

 

①決断力

②指導育成力

③自律一貫性

④柔軟性

⑤ストレス耐性

写真3.JPG