Topics

中尾マネジメント研究所(NMI)監修 新商品「Self Starter Program ~自律自転サイクルの定着化~」 

Self Starter Program ~ 自律自転サイクルの定着化 ~
このプログラムで得られる成果物は「会社・個人の業績成果」と「人財」です。

 

株式会社スウィッチワークス(本社:岡山市北区、代表取締役:竹本 幸史)は、中尾マネジメント研究所(NMI)の代表である中尾隆一郎氏が提唱する、仕事ができる人の仕事の進め方(G-POP)の考え方を主軸に、①有識者からの知識のインプット・書籍から学ぶ、②参加者相互に学ぶという方法で、自身の判断軸を作る事を目的にしたプログラム「Self Starter Program ~自律自転サイクルの定着化~」を9月下旬から開始します。今のコロナ禍において、企業に最も必要なことは、「業績成果を挙げ続けること」であり、定めた目標において行動することができる習慣を身につけている「自律自転サイクルを身につけた人財の育成」なのです。

■本プログラムの目的
「G-POPマネジメントを活用し、自律自転する人を育成します」

「G-POPマネジメント」とは、中尾マネジメント研究所(NMI)の代表である中尾隆一郎氏が、観察と多数の書籍を読み、発見した "高業績を挙げ続けられる人(=ハイパフォーマー)に共通の仕事の進め方"です。その進め方とは、常にGoal(目的・ミッションなど)を意識し、Pre(事前準備)に時間を使い、柔軟にOn(実行・修正)を行い、Post(振返り)から成功・失敗のポイントを学び、仕事の成功確率を高めます。さらにそこから学び(付加価値のある経験や知識) 、成功に繋がる仕事の「再現性」を高めるというものです。つまり、ハイパフォーマーはセルフマネジメント能力が優れている特性があるといえます。このSSPは、その手法を学び、自身の習慣として会得することで高い成果を挙げる人へ成長できるプログラムです。またこのプログラムは、協働学習ツール teamTaktとzoomを活用し、G-POPという考え方をグループコーチング(GC)で習慣化します。

※毎週1時間のグループコーチング(参加者4人+ファシリテータ1名)。

※全行程 完全オンラインでの実施となります。

Gpop図.jpg

*上記出典:中尾マネジメント研究所

■本プログラムで得られる5つの効果

①  実際の仕事の進め方を改善・改良し、行動できる人財を育成する。結果、組織と人の業績成果向上。

②  仕事の進め方の型ができることで他の人にも伝え易く、実践に繋げやすい(OJTの質の向上にも使える)

③  今よりもっと違う考え方を発見、異なる視点から学びとることができる(協働学習ツール・GC)

④  他者とともに学び、自分自身の価値観を見つめ直すことができる

⑤  会社以外の場所ができる(本音で話ができる)

■本プログラムについて
画像2.jpg

※価格は全て税抜き/推薦図書の購入は任意/会社の意思なく、個人での申し込みも可能です/管理職についてはニーズに合わせて①②のどちらか選択可能です/3ヶ月に1度のタイミングで参加者を入れ替えることができます/欠席する場合、後日録画を視聴していただきます

■監修・講師紹介
中尾さん写真.png
中尾 隆一郎(なかお りゅういちろう)
株式会社中尾マネジメント研究所(NMI)代表取締役社長/兼旅工房(6548) 取締役
/兼LIFULL(2120) 取締役/兼博報堂DYホールディングス(2433)フェロー/兼LiNKX 監査役
 

【リクルート時代の略歴】
1989年~2018年 29年間。主に住宅、テクノロジー、人材、ダイバーシティ、研究領域に従事。リクルートテクノロジーズ代表取締役社長、リクルート住まいカンパニー執行役員、リクルートホールディングスHR研究機構企画統括室長、リクルートワークス研究所副所長など住宅領域の新規事業であるスーモカウンター推進室室長時代に6年間で売り上げを30倍、店舗数12倍、従業員数を5倍にした立役者。リクルートテクノロジーズ社長時代は、リクルートの「ITで勝つ」を、優秀なIT人材の大量採用、早期活躍、低離職により実現。約11年間、リクルートグループの社内勉強会において「KPI」、「数字の読み方」の講師を担当、人気講座となる。

■本プログラムご提供にあたり
画像1.jpg
竹本 幸史(たけもと ゆきふみ)
株式会社スウィッチワークス 代表取締役

 

社会環境変化のスピードが早く、かつ回復を見せる兆しが明確に定まっていない中、企業において今、最も重要なことは「業績成果を上げること」と考えています。そのために必要となるのが、「業績成果を上げることができる人財」です。この度は2つのコース(①経営層 ②混合)をご用意させていただきました。未来の会社を守るため、今こそ、真の目標を定め、成果に繋がる行動を。私たちは、本プログラムを通して、お客様の業績成果向上に貢献させていただきたいと考えております。

Self Starter Program
~自律自転サイクルの定着化~