Topics

週刊 VISION OKAYAMA 8月23日号にて弊社商品”SSP”を記事にて紹介していただきました

2021.08.27

メディア掲載

okayama vision20210823図.png
vision okayama20210823文章面.png

【以下抜粋】

 

同プログラムは、㈱リクルートテクノロジーズの代表経験を持ち現在は㈱中尾マネジメント研究所(NMI、横浜市)社長の中尾隆一郎氏が提唱した成果がでる仕事の進め方「G-POP」を主軸に、有識者、書籍、参加者同士からの学びを通じ自身の判断軸を醸成するもの。ゴール(Goal)となる目的やミッションを常に意識し、事前準備(Pre)に時間を使い、実行(On)後に振り返り(Post)学ぶことを習慣付ける。

 

Zoomを使ったオンラインで進め、週に1度1時間、異業種の4人にファシリテータを加えたグループディスカッションを実施。瞑想で心を落ち着かせた後に、各人が1週間の目標に対する結果と振り返り、次のアクションを記入したコーチングシートを基に報告し、互いに感じたことを共有し合うことで、自分自身を客観的に見つめ直し成長につなげる。ファシリテータや他の参加者は具体的な手法を教えるのではなく、目標を達成していた際には成功の要因を、未達成の場合は失敗しないためにはどうするべきか予防策を本人から導き出すのが特長。
 

また、3カ月ごとに有識者ゲストの講演後に意見交換する「人から学ぶ」、毎月推薦図書を読んで参加する「書籍から学ぶ」プログラムも実施する。

 

参加費は月額5万円で、行動を習慣付けるるために最低受講期間は6カ月。9月下旬スタートの第1回目は、管理職や役員、後継者対象の「経営層」と若手、中堅、管理職の「混合」の2コースに分けて行い、定員は各40人。



(株)SWITCH WORKS代表 竹本幸史より
〇導入の狙い
 社員教育には、研修やセミナー、本を読む、YouTube動画から学ぶなどさまざまな方法があるが、身に着いたことが定着していないという声をよく聞く。教育が確実に業績向上や成果につながるものを追求した結果、この「Self Starter Program(SSP)」に行き着いた。

〇他のプログラムとの違いは
 今までの教育で成果が出にくいのは行動が伴わないからだ。SSPは、週に1回のオンライングループコーチングに向け、日々の仕事での目標を立て実行し、振り返るという行動を繰り返す。継続することで確実に仕事に対する意識が変わる。