Topics

【今週の名言】やる気が迷子になっている人は必読!

2022.04.19

竹本図書館

「志は、やる気や元気の源である」
孟子

孟子.jpeg

今回は、モチベーションを見いだせない人に知ってほしい名言です。

この言葉は紀元前300年頃の古代中国で活躍した儒学者、孟子が残しました。孟子は、すべての人間の心には本来善への可能性が内在していると考える「性善説」を説き、仁に基づいた政治の重要性を主張した人物です。

なぜやる気や元気に対して、志(こころざし)が大切なのでしょうか?

5174333_m.jpg

人間のやる気の源泉は、大きく3つに分かれているといわれています。

 ①外発的動機:昇進や給料、ボーナスなど外部からくる欲求

 ②内発的動機:行動自体が楽しい、内側から湧き上がる興味や関心

 ③関係的動機:人との関わりで生まれるやる気、貢献しようとする感情

この中で、長期的に良い影響があるのが②、逆に悪いのが①と言われています。

22450354_s.jpg

しかしやる気自体は、別に3つのどれが源泉であっても良いと思います。

重要なことは、たとえどれが源泉であろうと「自分で決める」ことです。今やっている仕事が面白くない、もっと給料が欲しい、これらの感情を否定する必要はありません。「もっと昇進しよう」と志を持って仕事に励むことは、立派なモチベーションです。

世界的大企業のヒューレットパッカード元CEOのカーリーフィオリーナは、受付嬢からのスタートでした。それならば、あなたが出世できない道理はありません。

23113115_s.jpg

大切なのは、「なぜ」これをやるのかを「あなた自身」が理由付けすることです。

「なぜ」を考えれば、あなたの中の志や目標がだんだんと鮮明になってきます。それがあなたの行動の芯となり、やる気の源泉になってくれます。

芯がある人間は強いです。さらには無理なく積極的になれますし、成果も出しやすいです。

「なぜ」を基に、自分の志とは何か一度考えてみてはいかがでしょうか?